ヘアアイロン カール おすすめ

【2017年最新版】おすすめのカールヘアアイロンTOP3!

 

 

ナチュラルなゆる巻きも、ゴージャスな盛り髪も自在にアレンジできるのが、カールヘアアイロンです。

 

ショートでもロングヘアでも、ヘアスタイルの幅をぐっと広げてくれます。しかもクセづけをした後は、編み込みなどのヘアアレンジもしやすくなります。長さもカラーもそのままにしながら、変化が楽しめるので、1つは持っておきたいアイテムです。

 

 

絶対失敗しない!カールヘアアイロンの選び時の3つのポイント♪

 

 

 

バレルの太さをチェック!

 

バレルとは髪を挟む部分のことです。

 

ショートヘアの場合、細いバレルを選びましょう。太いバレルを使うと髪を根元からキャッチできず中途半端になってしまったり、カール自体できないなどが起こります。また短い前髪などを大きなバレルで巻こうとすると、火傷する可能性もあります。

 

ロングヘアの場合、太いものの方がセットしやすいです。しかし、細いものだと、細かいカールが作れるので、それはそれで可愛いので、どのようなヘアスタイルを作りたいかをイメージしてから選びましょう。細いバレルはしっかりとしたカール、太いバレルはナチュラルなカールが作れます。太さの基準については以下の通りです。

 

ショートヘア・・・20mm以下

 

ショート〜ミディアムヘア・・・26mm前後

 

ミディアム〜ロングヘア・・・30mm以上

 

肩程度の長さのミディアムからロングヘアならば一番汎用性があるのは32mmと言われています。ちなみに、ファーストアイロンでどちらにしようかと悩まれるならば、細い方がカールを作りやすいのでオススメです。

 

カールが強く感じれば、温度を下げて調整できますし、仕上がった後に手櫛でほぐすとカールは落ち着くので、応用がききます。

 

 

ダメージケアできる工夫

 

高温を当てるので、髪は痛みやすくなります。せっかくキレイにセットしても、髪がパサついていたら魅力も半減します。

 

髪の水分を守るような工夫がなされているものを選びましょう。例えば、スチームやマイナスイオンがバレルから出ていれば、キューティクルを保護する働きがあるので、しっとりツヤ感をもたらしながら仕上げてくれます。

 

 

高温まで上がるか

 

温度は180度以上ないと、クセがつきにくいです。高温までしっかりと温度が上がるものを選びましょう。

 

低温でダラダラと何度も挟むと、水分はどんどん奪われていきます。高温で1回でクセづける方が、髪は痛みにくいです。さらにカールキープ力も高いです。これらをクリアしたカールヘアアイロンをランキング形式でご紹介します。

 

 

人気のカールヘアアイロンTOP3!

 

アレティ(カール)

 

 

 

wigoやWELLAなど常に最先端のヘアスタイルを提示し続けるヘアサロンで多く愛用されているアレティのカールヘアアイロンです。

 

カールヘアアイロンは、高熱を出しますので、髪が傷みやすくなります。こちらは高密度セラミックプレートから大量のマイナスイオンを放出するので、髪の水分蒸発を限りなく軽減するので、髪をツヤツヤに仕上げます。たった60秒で200度まで一気に加熱するので、慌ただしい朝でもすぐにスタイリングに入れます。

 

32mmバレルなので、ナチュラルなゆるめの柔らかい雰囲気のカールが作れます。派手になりすぎないので、カールヘアアイロン初心者でも使いやすいです。

 

 

>>アレティカールアイロン公式サイトはこちら

 

 

リュミエリーナ(カール)

 

 

 

どれだけマイナスイオンが出ていても、ヘアアイロンは髪に負担を与えるアイテムです。

 

そんな常識を覆そうと開発されたのが「バイオプラミング」です。バイオプラミングされた特殊セラミックが髪の内側へ直接アプローチするので、リュミエリーナを使えば使うほど、髪に潤いとつやを与えられるのです。アウトバストリートメント不要と表記されているほど、美髪へ仕上げる自信があります。

 

また、高温で仕上げるというのが、ヘアアイロンのセオリーなのですが、独自のテクノロジーによって、低温でもカールを作ることを可能にしました。40〜180度と温度調節の幅が広く、高温で一気に仕上げることも、もちろん可能ですが、毛先の痛みが気になるという人は低温でスタイリングすることもできます。

 

 

>>リュミエリーナ ヘアビューロン [カール]公式サイトはこちら

 

 

巻女カール

 

 

バレルに、テフロンを布状に特殊加工してシルクプレートを採用しています。

 

なんと200度にまで熱されたヘアアイロンに水をかけても、蒸発しないほどの保湿力があるので、髪の水分も奪いません。バレルの素材は摩擦の少ないテフロンを使用しています。髪がひっかかりにくく、ロングヘアでもつるりと絡まることなく滑らかにキャッチできます。

 

ツヤ感をアップし、水分をキープしたまま巻き髪が作れます。バレルが28mmのものであれば、150度までは驚くべき30秒で急速に温めるので、すぐにヘアセットに入れます。液晶パネルで温度が上昇していく様子が確認できるのも分かりやすいですよね。

 

 

>>巻女|カールアイロンの公式サイトはこちら

 

 

まとめ|アレティのヘアアイロンがイチオシな理由

 

 

 

大量のマイナスイオンで髪が傷めず、一日中カール力をキープできると、2012年に日本に上陸してから今に至るまで、口コミサイトでも安定した人気を誇っています。そんな実力派カールアイロンが1万円以下で購入できるなんて、お財布にも優しいですよね。

 

難しそう・・・と先入観で使わないのはもったいないです。コツさえ掴めば短時間で雑誌のようなヘアスタイルを自分で作ることができるようになりますよ。

 

 

>>アレティカールアイロン公式サイトはこちら